STORY詳細

第5話
第5話
第5話
脚本:冨岡淳弘 絵コンテ:西村 聡
演出:前園文夫 総作画監督:伊藤秀樹
作画監督:小林一三 メカニック作画監督:中原久文、吉田大洋
A106とともにアルバイトにやってきた天馬とお茶の水。そこは探偵のマルヒゲが社長を務める「マルヒゲ運送」だった。A106を見て、心のないロボットには仕事は任せられないと主張するマルヒゲ社長。ところが、そこにお得意のお嬢さんから急な引っ越し依頼が入ってしまい、マルヒゲ社長は天馬とお茶の水、そしてA106を働かせることにする。現場に到着した天馬とお茶の水を待っていたのは、なんと茂斗子だった!
BACK TO LIST

アトムザ・ビギニング

CatImg